Vintage-Watch&Car ♪

gmt1675mm.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2018年 09月 30日

ポルシェ 911 新型に、早くも「ターボカブリオレ」の存在を確認!

b0221295_14552464.jpg


b0221295_14553268.jpg

b0221295_14554037.jpg

b0221295_14554870.jpg

公開が近づくポルシェ『911』次期型(992型)に設定される高性能オープン、
『911ターボカブリオレ』市販型プロトタイプをスクープ!
ファブリックルーフがオープンした瞬間を、初めてカメラが捉えた。

キャッチした車両は初期プロトタイプのため、まだまだ未完成のボディだ。
それでもエアスクープを備えるワイドフェンダー、大型ブレーキや
センターロックホイールなどが見られる。リアには、ベースモデルと同じ
エアアウトレットやラウンドデュアルエキゾーストパイプなどを装備しており、
これからターボ化されるはずだ。

プラットフォームには最新世代の「MMB」を採用、トレッドがワイド化され、
高速走行での安定向上が図られるはず。

ターボ系のパワートレインは謎に包まれている。
しかし3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジン搭載し、最高出力は600ps超えと予想されている。
また0-100km/h加速は2.8秒とも伝えられ、現行モデルの3.1秒から大幅に向上する。
さらに、トップモデルの「ターボS」は最高出力が630psから650psへとアップされる。

キャビンには、タコメーター以外はデジタル・インストルメント・クラスタが採用され、
ワイドスクリーンのインフォテインメントディスプレイの下に、エアコン吹き出し口が
設置されたシンプルかつスポーティーなデザインとなるという。

ポルシェは、10月のパリモーターショーにて新型「911」を公開予定で、
「ターボ」や「ターボカブリオレ」は2019年以降のワールドプレミアとなる。



by gmt1675mm | 2018-09-30 08:00 | PORSCHE | Comments(0)
2018年 09月 29日

カロ・シザル

b0221295_14441659.jpg


b0221295_14442339.jpg

今日、オーダしました!

REDですが、フェラーリ用ではなく、BMW用です(笑)^^

2週間待ち・・・


by gmt1675mm | 2018-09-29 14:46 | BMW | Comments(0)
2018年 09月 29日

SEAD 16660

b0221295_14332091.jpg


b0221295_14332724.jpg

b0221295_14333527.jpg

b0221295_14334335.jpg

b0221295_14335280.jpg

b0221295_14335940.jpg

b0221295_14341007.jpg

16660枠ありインデックスです! 158諭吉・・・

私のは、裏蓋刻印なしですが!


by gmt1675mm | 2018-09-29 14:37 | ROLEX | Comments(2)
2018年 09月 29日

インフィニティQ60ブラックS

b0221295_14131877.jpg


b0221295_14132928.jpg


システム総合570ps
インフィニティはQ60ブラックSパフォーマンス・ハイブリッドのプロトタイプを
来週のパリ・モーターショーで展示する。406psの3.0ℓV6エンジンにF1スタイルの
KERSを組み合わせ、総合出力570psを発揮する。

このプロトタイプは0-100km/h加速を4秒以下でこなすとされている。
パワー・ウエイト・レシオは1tあたり320ps程度だ。

回生ブレーキシステムに加え、2基の排気熱エネルギー回収ユニットを
備える電動ターボによるデュアル式ハイブリッドを搭載する。
ガソリンのV6エンジンは現在販売中のQ60に搭載されているのと同じもので、
標準仕様では0-100km/h加速は5.0秒だ。

昨年のジュネーブ・モーターショーで発表されたコンセプトと同様、
このブラックSはQ60クーペをベースとし、アグレッシブなエアロパーツが
装着されている。コンセプトには大型のツインエグゾーストが装着され、
ボンネット上のベントやスポーティなボディキットが特徴だ。

ルノーF1との共同開発
インフィニティはルノーのF1チームとの協力により、空力性能を改善しているという。
空気抵抗を減らすと同時に、ダウンフォースを獲得するのが狙いだ。

例えば、カーボンファイバー製リアウイングはモンツァで開催されたイタリアGPで
装着されていたものに近い形状だ。これにより高速走行でのスタビリティと
コーナリング時のダウンフォースを両立している。

専用の21インチホイールはコンセプトからデザインが変更されている。
ブラックSの生産については未定だが、コンセプトからプロトタイプへの
推移を見る限りでは、市販化の可能性が高いと見ている。
ただし、インフィニティの英国での販売台数は非常に少なく、
今年に入ってから8月末の時点でわずか623台にとどまっている。

インフィニティの世界戦略を統括するローランド・クリューガーは
「プロジェクト・ブラックSは先進的パワートレインによるハイパワーと高効率化、
それにスリルあふれる運動性能、さらにパフォーマンス志向のルックスが特徴です。
インフィニティとルノー・スポール・フォーミュラ1との協力により、
われわれのアイデア、技術、それに連携の成果を示すことができます」と語った。

性能云々よりも、デザインだと思いますがね。。。


by gmt1675mm | 2018-09-29 14:22 | NISSAN | Comments(0)
2018年 09月 24日

BMW 8シリーズカブリオレ

b0221295_00133716.jpg


b0221295_00134478.jpg

b0221295_00135369.jpg

BMWのフラッグシップ・2ドアクーペ『8シリーズ』の派生モデルとなる『8シリーズカブリオレ』を、
ほぼフルヌード状態でカメラが捉えた。開発車両が公式に発表されているが、今回紹介するのは、
フロント部分が完全に露出したレアな写真だ。
ドイツ・ミュンヘンで目撃した最新プロトタイプは、クロム仕上げのキドニーグリル、
ブルーのMブレーキキャリパー、巨大な長方形のエキゾーストパイプなどから高性能モデル
「M850i xDirve カブリオレ Mパフォーマンス」と思われる。
パワートレインは、「840d カブリオレ」の3リットル直列6気筒ツインターボ・ディーゼル
とは異なり、4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は530ps、
最大トルク750Nmを発揮する。また0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は250km/hの
ハイパフォーマンスだ。トランスミッションは、8速ステップトロニックとなる。
クーペとのデザインの違いは、ルーフラインとクォーターウィンドウの形状だ。
クーペのシャープなデザインに比べ、丸みを帯びていることがわかる。

キャビンにはクーペ同様、フルデジタルコックピットを採用。オペレーティングシステム7.0を始め、
12.3インチのインフォテイメントスクリーンと、10.25インチのデジタルインストルメントクラスター
を装備する。クーペとの違いは、ルーフ開閉ボタンの装備だけだ。
ワールドプレミアのタイミングは予想が困難だ。最短で10月のパリモーターショー、
遅れれば2019年前半となるだろう。もし10月に発表されるなら、近々オンラインでの
先行公開があるかもしれない。


これだと、大き過ぎて、車庫の中野物を全撤去しないと入らないんです・・・


by gmt1675mm | 2018-09-24 00:19 | BMW | Comments(0)
2018年 09月 09日

大坂、日本人初の4大大会制覇!

b0221295_09171991.png


b0221295_09170616.png

b0221295_09414138.png

テニスの全米オープンは8日、女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(20=日清食品)が元世界1位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)と対戦。6―2、6―4のストレート勝ちを収め、日本選手として初の4大大会制覇を果たした。
優勝賞金380万ドル(約4億2180万円)を獲得した。

素晴らしいゲームでした!
本当におめでとう!



by gmt1675mm | 2018-09-09 09:28 | Comments(0)
2018年 09月 06日

台風21号 「フェラーリ」51台全損

b0221295_23163610.jpg

台風21号による高潮の影響を受けた神戸市東灘区人工島・六甲アイランドにあるイタリアの高級車メーカー「フェラーリ」の正規販売店で、1台数千万円のフェラーリ51台が海水に浸って全損したことが6日、店への取材で分かった。被害額は十数億円に上るという。

 同店では当時、新車と中古車計53台のフェラーリを保管。台風の接近に伴い、入り口をブルーシートや土嚢(どのう)で覆うなどの対策を施したが、高潮で店内は約1メートルの高さまで浸水。2台を除く51台が水没した。

 同店によると、海水がエンジン内部に入り込むなどの被害を受けており、今後、全て廃車となる予定。中には購入済みの車も含まれており、保険を適用しながら対応していくという。

 同店の50代の男性責任者は「全国でも数少ないフェラーリの正規販売店の一つが、こんな被害を受けるとは。予想を上回る被害で言葉が出ない」と疲れた表情をみせた。

直して、中古で流通しそうですが・・・・



by gmt1675mm | 2018-09-06 23:18 | FERRARI | Comments(0)
2018年 09月 03日

シードゥエラー 126600

b0221295_21581993.jpg


b0221295_21583016.jpg

b0221295_21584559.jpg

b0221295_21585188.jpg

b0221295_21585964.jpg

新作の赤シード

やはり、分厚いですね!



by gmt1675mm | 2018-09-03 22:01 | ROLEX | Comments(0)
2018年 09月 01日

ポルシェ NEW・718ケイマン GT4

b0221295_23165532.jpg


b0221295_23170535.jpg

b0221295_23172846.jpg

ポルシェのミッドシップ2シータークーペ『718ケイマン』に設定される高性能モデル、『718ケイマンGT4』プロトタイプが、市販バージョンの完全な姿で現れた。

これまで何度か撮影に成功してきた新型GT4プロトタイプだが、フロントバンパーのコーナーエアインテークに付属するLEDデイタイムランニングライトや、ドア後部のサイドエアスクープ、さらに大型リアウィングなど、これまで見られなかったパーツが確認できる。これが最終形だろう。

また『718ケイマンGTS』を含むこれまでのモデルと比較して大径のホイール、ハードサスペンション、アグレッシブなエアロパーツも特徴だ。

従来モデルの「ケイマンGT4」には、『911カレラS』から流用された3.8リットル水平対向6気筒エンジンを搭載、最高出力375psを発揮した。新型GT4には、『911 GT3』から流用される4リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載し、最高出力は400ps~410psが予想されている。ギアボックスは、標準の6速MT及び、デュアルクラッチPDKがオプションで設定される。

またパフォーマンスでは、0-100km/h加速が4.4秒の現行モデルに対し、4.1.秒から4.2秒に進化すると見られる。ケイマン史上最強、最速モデルとなる新型GT4は、10月のパリモーターショーで初公開が期待出来そうだ。




by gmt1675mm | 2018-09-01 23:19 | PORSCHE | Comments(0)