Vintage-Watch&Car ♪

gmt1675mm.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 06月 25日

BMW、新型8シリーズクーペ

b0221295_22295369.jpg

b0221295_22300154.jpg

b0221295_22300856.jpg

b0221295_22301974.jpg

b0221295_22302902.jpg

b0221295_22303751.jpg


ル・マン24時間決勝を翌日に控えた6月15日、BMWはサルテサーキット内の特設会場において新型8シリーズを初披露しました。かつてBMWのフラッグシップクーペとして、1999年まで生産された8シリーズが約20年ぶりに復活を果たしたことになります。

2017年5月にイタリアのコンクール・デレガンス・ヴィラ・デステで発表された「BMWコンセプト8シリーズ」の市販版ということになりますが、低く構えた筋肉質なフォルムはコンセプトがほぼそのまま再現されているような印象を受けます。但し、平面的になったキドニーグリルを含むフロントフェイスや、サイドのアウトレット、リヤの意匠などがやや抑制されており、全体に落ち着いたラグジュアリークーペとなった感に。精悍さを際立たせるLEDヘッドライトはBMWの中で最もスリムな形状となり、600m先まで照射可能なレーザーライトも用意されています。

ボディサイズは全長4843×全幅1902×全高1341mm、ホイールベースは2822mm。車重は1890kgと軽くはありませんが、トップクラスのダイナミック性能を謳うとおり、0-100km/h加速は3.7秒を実現しています。

発売は今年11月が予定されており、グレード展開は2つ。価格はまだ明らかにされていません。事前に一部スペックが公表されていたMパフォーマンスモデルの「M 850i xDrive クーペ」には、4.4L V8ガソリンターボ(最高出力530hp、最大トルク750Nm)を搭載。「840d xDrive クーペ」には3.0L 直6ディーゼルターボ(同320hp、同680Nm)が搭載され、0-100km/h加速は4.9秒となっています。トランスミッションはどちらにも8速AT(ステップトロニック)が組み合わせられます。

6シリでも大きいですが、8は大型クーペなんでしょうね!

家のガレージには入りません・・・









by gmt1675mm | 2018-06-25 22:35 | BMW | Comments(0)
2018年 06月 17日

ル・マン決勝:トヨタ、8号車が首位ゴール

b0221295_23064092.jpg

b0221295_23064714.jpg

b0221295_23070247.jpg
b0221295_23071180.jpg

2018ル・マン24時間レースの決勝が日本時間の17日22時に迎え、8号車トヨタ(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ)が優勝。2位に7号車トヨタ(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス)が2位に入り、TOYOTA GAZOO Racingがル・マン挑戦18回目にして初優勝を飾るとともに、ワンツーフィニッシュを決めた。

とは言っても、今年のルマンは、ワークス参加はTOYOTA1社のみ。
あとは、プライベートチーム。
去年の勝者のPORSCHEも強豪のAUDIもいない。
言ってみれば、伝統の草レース。
TOYOTAだけ場違いの参加でした。

でも大大とキャンペーンするんだような。
取り合えず、オメデトウございます。。。





by gmt1675mm | 2018-06-17 23:13 | TOYOTA | Comments(0)
2018年 06月 03日

911 スピードスター

b0221295_14323654.jpg

b0221295_14324712.jpg

b0221295_14330193.jpg

b0221295_14331291.jpg

b0221295_14332291.jpg


ポルシェ「911」現行モデルに設定される、「911 スピードスター」最終プロトタイプをカメラが捉えました。

捉えた開発車両は、後部ルーフカバーを「カブリオレ」風にカモフラージュしているほか、フロントバンパーも「GT3」のものが取り付けられています。しかし低められたフロントウィンドウから、カブリオレでないことは明白です。市販モデルでは、ソフトトップを収納する「ダブルバブル」ハードカバーをリアデッキに装備し、美しいボディシルエットとなります。
ポルシェの伝統的限定モデルである「スピードスター」は、2010年の「997スピードスター」以来、8年振りの復活となります。ポルシェは1948年に2シーターのロードスター「356.001」を試作しました。これがポルシェの名を冠した初めての車です。これは「ポルシェNo.1」と呼ばれており「スピードスター」の元祖といえます。

今年はポルシェにとって70周年記念であるとともに「スピードスター」にとっても記念イヤーとなります。そこで、最新の「911スピードスター」は、1948台の限定生産になるのではと噂されています。

パワートレインは「GTS」から引き継がれる、3リットル水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力450ps・最大トルク550Nmを発揮します。軽量化により「GTS」以上のパフォーマンスも確実視されています。

ワールドプレミアは、7月12日から開催される、英国「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」と予想されています。







by gmt1675mm | 2018-06-03 14:34 | PORSCHE | Comments(0)