Vintage-Watch&Car ♪

gmt1675mm.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 21日

新型Eクラス、SLC、SLが本国で発売

b0221295_21392197.jpg
b0221295_21394151.jpg
b0221295_21395843.jpg




メルセデス・ベンツは18日、本国で新型「Eクラス」、コンパクトオープン2シーター「SLC」、マイナーチェンジした高級クーペ「SL」の受注を開始したと発表した。納車は4月以降、順次を開始予定となっている。

メルセデスの中核モデルである「Eクラス」の新型は、エクステリアデザインを刷新し、数々の先進装備を取り入れて登場した。機関面では、9速オートマチック「9Gトロニック」を採用したのがトピック。発売時のラインアップは、2リッター直4ガソリンターボの「E200」(184hp)、2リッター直4ディーゼルターボの「E220 d」(194hp)、3リッターV6ディーゼルターボの「E350 d」(258hp)の3タイプ。本国での車両価格は4万5303.30ユーロ(約580万円/1ユーロ=129円換算)から設定される。

メルセデスの新たな命名法により車名がSLKからSLCへと変更された2シーターロードスター。今回マイナーチェンジを受け、フェイスリフトとともに装備が充実した。外装はフロントグリルをはじめ、フロントまわりの意匠が変更されている。また「アクティブ ブレーキ アシスト」が新たに標準で装備された。これは従来はコリジョン プリベンション アシスト プラスと呼ばれていた、衝突回避支援を行うもの。このほか注意力の低下を警告してくれる「アテンション アシスト」や上質なナッパレザー巻きのステアリングホイール、LEDリアコンビネーションランプなども標準装備となる。本国での車両価格は3万4926.50ユーロ(約450万円)から。

豪華オープン2シーターのSLは、今回の改良で9Gトロニックが採用されたほか、電動開閉式ハードトップの作動範囲が40km/h以下に引き上げられた。またアクティブ ボディ コントロールに、コーナリング時に車体を内側に傾け、より快適な運転を実現するカーブチルティング機能を装備した。フロントまわりのデザインも変更されている。本国での車両価格は12万2897.25ユーロ(約1585万円)から。

by gmt1675mm | 2016-01-21 21:41 | MERSEDES BENZ | Comments(0)


<< 日産 スカイライン クーペ 新...      16660バックケースの刻印! >>