Vintage-Watch&Car ♪

gmt1675mm.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 10日

3.2 CARRERA・即売

b0221295_22175317.jpg

b0221295_22180044.jpg

b0221295_22181055.jpg

b0221295_22181774.jpg

b0221295_22182996.jpg

メーカー
ポルシェ
ミッション
5MT
グレード
911カレラ
修復歴
無し
年式
1987年モデル
輸入経路
ディーラー車
グレーメタリック
カーナビ
無し
走行距離
23000km
ETC
有り
車検有効期限
H30/7
車両価格(税込)
ASK

一度、見てみたかったですね。。。






# by gmt1675mm | 2018-01-10 22:22 | PORSCHE | Comments(0)
2018年 01月 07日

4WD&トルコン8速AT採用の新型M5

b0221295_22345224.jpg

b0221295_22345979.jpg

b0221295_22351253.jpg

b0221295_22352195.jpg

b0221295_22353294.jpg

4.4リッターV型8気筒ツインターボという肩書きは先代と同じではあるが、S63B44T0からS63B44T4(開発者が使うエンジンコードナンバーで通常はS63B44B)にバージョンアップされている。新開発のターボチャージャーの採用や350barに引き上げられた燃料噴射圧は、アクセルレスポンスや燃焼効率の改善につながっている。潤滑システムはフロント側に小型サンプが追加され、吸入空気を冷やす水冷インタークーラーは先代よりコンパクトながらパワーで上回る。エンジンオイルの循環システムは特性マップ制御式無段階可変容量ポンプを備え、前後左右の大きなGでも問題としないサーキット対応デザインになった。

またVバンクの谷の内側に2個のターボチャージャーを備えるが、シリンダーバンク上を横切るように配置された(クロスバンク)エキゾーストマニフォールドも変更されている。左右のバンクの1気筒ずつの排気を合流させ(1番+6番、2番+8番、3番+5番、4番+7番)ツインスクロールにしている。排気ガス流のエネルギーが2個のターボチャージャーのタービンに最適に伝えられるだけでなく、最善のガス交換が実現しているという。その結果、最高出力は441kW(600ps)/5600-6700rpm、最大トルクは750Nm/1800-5600rpmを発揮できるようになった。

トルクコンバータを使った8速Mステップトロニックトランスミッションを駆り、0-100km/hは3.4秒、0-200km/hはなんと11.1秒という俊足を誇る。標準仕様の最高速度は250km/hだがMドライバーズパッケージを装着すると305km/hになる。ホイールやタイヤもこのスピードに耐えられるようにデザインしてある。標準タイヤサイズはフロント275/40ZR19 105YXL、リヤ285/40ZR19 107YXLであるが、オプションで275/35ZR20 102YXL、285/35ZR20 104YXLの20インチも選べる。テストドライブ用のM5はすべて20インチのピレリP ZEROが装着されていたが、標準の19インチはヨコハマのアドバンスポーツがM5用の承認タイヤとしてBMWのスターマークを得ている。

トルクコンバータを使ったZFの8速ATというとMモデルらしさがないと想像するだろうが、実際に乗ってみるとかなりダイレクトな印象だ。走り始めるとトルコンはロックアップしてしまい、シフトアップ・ダウンでの繋がりも速いからスポーツドライビングでもまったく問題ない。市街地走行でのゴー&ストップやパーキングスピードでのコントロール性は普通のATと同じだからスムースに動かせるようになった。トランスミッションのオイルパンは放熱効果があるアルミ製になっている。トランスミッション専用のオイルクーラーも装備しているので、サーキット走行でもその機能は保証される。トランスミッションの後端からトランスファーによって左側に引っ張り出され、電子制御の湿式多板クラッチによって前輪を駆動する。この湿式多板クラッチはよりヘビーデューティな7シリーズ用を採用している。


【 BMW M5 】
全長×全幅×全高=4965×1903×1473mm
ホイールベース=2982mm
車両重量=1930kg
駆動方式=4WD
エンジン=4.4L V型8気筒DOHC直噴ツインターボ
最高出力=441kW(600ps)/5600-6700rpm
最大トルク=750Nm/1800-5600rpm
トランスミッション=8速AT
0-100km/h加速=3.4秒
最高速度=250km/h
※Mドライバーズパッケージで305km/h
使用燃料=プレミアム
サスペンション=前:ダブルウィッシュボーン式、後:マルチリンク式
タイヤサイズ=前:275/40ZR19、後:285/40ZR19
欧州複合サイクル燃費=10.5L/100km
車両本体価格=1703万円(※日本価格)
※欧州参考値






# by gmt1675mm | 2018-01-07 22:40 | BMW | Comments(0)
2018年 01月 06日

ポルシェ マカン・プラグインハイブリッド

b0221295_11441317.jpg

b0221295_11442816.jpg

b0221295_11443890.jpg

ポルシェのコンパクト・クロスオーバーSUV『マカン』。その改良モデルとなるプロトタイプが、厳冬のスカンジナビアで寒冷気候テストを開始した。現地からの最新レポートにより、エクステリアおよびエンジンラインアップの全豹が見えてきた。

エクステリアでは、ヘッドライトの形状そのものは現行モデルのままだが、レンズ内は新グラフィックに変わる。グリル下部には新デザインのエアダクトとフロントインジケーターが装備される。リアビューは、『パナメーラ』新型ともイメージを共通する新テールライトとLEDストリップライトの採用が予想されている。

大きな進化が見られそうなのがパワートレインだ。現行モデルの3リットルと3.6リットルエンジンによるラインアップは、新たに3リットルと2.9リットルターボに刷新。パナメーラから流用される3リットルエンジンは最高出力350psとなり、パナメーラ4Sの2.9リットルターボエンジンは最高出力440psが予想されている。

また高性能モデルとして、450psを発揮する3リットルエンジン+電気モーターシステム搭載のプラグインハイブリッドの登場も控えているという。

室内では、タッチ・センシティブ方式を採用。コックピットには7インチ高解像度ディスプレイや12.3インチタッチスクリーンなどが配置される。また「ポルシェ・コミュニケーション・マネージメント・システム」により、Apple CarPlayやAndroid Autoの利用も可能となる。

ワールドプレミアはズバリ、2018年4月と予想。






# by gmt1675mm | 2018-01-06 11:48 | PORSCHE | Comments(0)
2018年 01月 01日

謹賀新年!

b0221295_00243669.jpg

b0221295_00255385.jpg

b0221295_00245850.jpg

b0221295_00245092.jpg

今年は、天気も良く、良い正月を迎えることが出来ました!

そろそろ、クルマ(P)も、時計(R)も適正価格になって欲しいものですね。

皆様、今年も体調に充分ケアーをして、元気に乗り切りましょう♪

宜しくお願い致します。







# by gmt1675mm | 2018-01-01 22:00 | Life | Comments(2)
2017年 12月 31日

BMW X2

b0221295_09461213.jpg

b0221295_09462148.jpg

b0221295_09462987.jpg



2016年10月のパリサロンでコンセプトカーとして披露されたBMWの新型クロスオーバー「X2」の市販モデルが、本国で公開された。独BMWは現地時間25日、X2を2018年3月に発売すると発表した。

X2は、X1とX3の中間に位置するクロスオーバー。ただしそのキャラクターはX1やX3とは多少異なり、よりスポーティな側面を強調したモデルとなる。BMWの発表によると、X2はスポーティにセッティングされたサスペンションを持ち、このセグメントのSUVとは一線を画すドライビングプレジャーを実現するという。メーカーではそのキャラクターをX6と同様にSAC(スポーツアクティビティクーペ)と表現する。

エクステリアについては、既存のSAV(SUV)シリーズに共通するラギッドな雰囲気にスポーティさをブレンドしたアレンジが施される。地上高を大きめに確保しながらも全高を抑えたクーペライクなプロポーションや、スポーツカーのようなホイールアーチ、ボディ同色の加飾が施されたサイドスカート、存在感の高いエキゾーストエンドなどがその特徴を示している。

デビュー時のバリエーションは3タイプ。ガソリンが「sDrive20i」(192hp)、ディーゼルは「xDrive20d」(190hp)と「xDrive25d」(231hp)となる。sDrive20iにはスポーティな7速デュアルクラッチトランスミッションが、ディーゼルの2モデルにはインテリジェント4輪駆動システムのxDriveおよび8ATが組み合わされる。

さらに、2018年の前半に3気筒ガソリン仕様の「sDrive18i」(140hp)、4気筒ガソリン仕様の「xDrive20i」(192hp)、4気筒ディーゼル仕様の「sDrive18d」(150hp)「xDrive18d」(150hp)の追加が予定されている。

意外と良いですね!





# by gmt1675mm | 2017-12-31 09:48 | BMW | Comments(0)